新型コロナウイルスPCR検査・抗体検査 スギ花粉症に対する抗体治療「ゾレア」のご案内

お知らせ・ブログ

2021年1月8日 | 

【平尾本院】スギ花粉症に対するゾレア治療のご案内


ゾレア治療とは

ゾレアは気管支喘息や慢性蕁麻疹の治療薬として以前から用いられていた薬です。スギ花粉症への使用も2020年のシーズンから認められました。アレルギー反応を引き起こすIgE抗体の働きを阻害することでアレルギー反応を抑える治療法になります。症状を一時的に早く抑えたい方に有効な治療法です。

ゾレア治療にはどのような効果がありますか

スギ花粉による鼻汁、鼻閉、目の痒み等の症状の改善が期待できます 。投与数日後~2週間後に効果が出始め、効果の持続期間は1ヶ月と言われています。

ゾレア治療はだれでも受けられますか

・12歳以上
・アレルギー薬を内服しても症状が軽減しない
・アレルギー検査をしてアレルギーの程度が重症と確認された
上記の全てを満たす方が対象になります。
※ゾレア治療を希望する方は必ずアレルギー検査を実施する必要があります。
※治療に必要な検査(アレルギー検査)は予約開始前にも行っていただけます。

ゾレア治療の費用はどれくらいですか

ゾレア治療は患者様の体重と総IgEの値によって、投与量や価格が変動します。
価格は3割負担で約7,000円~60,000円/回と大きく異なります。それに加え、
アレルギー検査(3割負担で約700円~3,000円)+内服薬+診察料の費用が掛かります。
※ゾレアを含む治療で高額療養費制度の適用になる場合がございます。

いつ治療を開始すればいいでしょうか

スギ花粉の飛散時期(1月末~5月)2週間または4週間毎に投与(皮下注射)します。
※1回の投与では効果が立証されておらず2回以上の投与を推奨しております。 ※治療希望の方は1月末~2月の間に治療を開始する必要があります。

ゾレア治療の流れを教えてください

STEP1: 1回目の受診


WEB問診もしくは受診された際に受付スタッフに「ゾレア治療の希望です。」とお伝えいただくとスムーズです。その際にゾレア専用の問診票を記入していただきます。まずは、お薬の効果を判定するためにアレルギー薬を処方し、1週間以上内服していただきます。

STEP2: 2回目の受診


1回目の受診時に処方したアレルギー薬の効果の有無を確認します。薬を内服しても症状の改善がない方がゾレア治療の適応となりますので投与量決定のためのアレルギー検査を実施します。(スギ花粉抗原+総IgEの項目は必須)
※採血の結果次第ではゾレアを投与出来ない場合もございます。

STEP3: 2回目の受診から投与までの間(最終確認の連絡)


1週間以内に採血の結果を確認し、お電話にてゾレアの適応の有無と価格をお伝えします。 予定通りゾレア治療をご希望される場合はお電話口で予約日の調整をさせていただきます。
※予約のお電話以降のキャンセルは原則不可になりますのでご注意下さい。 (薬品が高価・患者さんによって投与量が異なり他の方へ代替できないため)

STEP4: 3回目の受診(ゾレアの投与日)


予約日に受診していただきゾレア治療の最終確認と投与を行います。
投与後2時間は副作用の出現のリスクがあります。緊急時すぐに対応する必要があるので 遠方に出掛ける、お仕事の予定がない日に予約されて下さい。

STEP5: ゾレア投与の継続


2−4週間毎にゾレアの投与を継続していきます。


ゾレア投与可能日について

月・火・木・金曜日(9:00~10:30 / 14:00~15:30までに来院)
水・土曜日(9:00~10:30までに来院)
ご不明な点は、平尾本院受付 092-533-8739  または院内スタッフまで「ゾレア治療の件で」とお尋ね下さい。

専門外来